BLOGブログ
BLOG

西新井のリラックスボクシングジムが熱中症についてお話します。

2019/06/06
ジム内観

西新井のリラックスボクシングジムが熱中症についてお話します。

 

最近、毎年最高気温を更新していて厳しい夏が続いている日本ですが、みなさん熱中症になったことはありますか?

 

夏になると必ずと言っていいほど毎年救急車で運ばれる人が何人もいます。これだけニュースになって毎回「気をつけましょう」と言っていても倒れるということは熱中症に対する認識が甘いように思います。

そもそも熱中症は病名ではなく、いくつかの症状をまとめた総称であり、軽度から重度まで4段階に分かれています。

<熱中症>   

日射病・・・炎天下のなか長時間直射日光を浴びると大量の汗をかき、体の冷却が間に合わず脱水状態になりめまいや立ち眩みを起こす。すぐに日陰にうつし体を冷やす。

 

熱痙攣・・・湿度や温度が高いところで運動や労働をすることで大量の汗をかくと共に塩分も失われ筋肉がつったり手足がしびれたりする。水分は補給できていても塩分が補給できていない状態。対処としてはすぐに塩分を補給して風通しの良いところで休ませる。

 

熱疲労・・・湿度・温度が高い状況の中で激しい運動・労働をすることで水分と塩分どちらとも不足し血液量なども減少している状態。危険な状態ともいえるのですぐに医師に診せる必要がある。

 

熱射病・・・前途の熱疲労が重症化した状態。体温が異常に熱くなり汗も出ず皮膚が乾燥して体内の血液が固まって全身の臓器に障害が起こる。最悪死に至るケースもある。    

 

上記の通り熱中症は最悪死に至るケースがあり、いかに重度化しないように気をつけることが重要です。

昔のクラブ活動のように水を飲ませない、休憩させないなど言語道断です。昔とは違い平均気温や最高気温が高くなっているので昔の感覚で教えていたらますます病院に運ばれるケースは増え最悪死に向かわせてしますでしょう。運動を教える立場としてはこまめな休憩はもちろんのことのどが渇いてなかったとしても一口、二口飲ませるべきだと私は思います。

のどが渇いてからでは遅いと言われており、すでに脱水症状は表れているのです。

 

そしてもう一つ重要な要素に塩分補給があります。

塩分は体や臓器を正常に動かすのに欠かせない物質です。身体活動に重要な塩分=ナトリウムが不足してしますとめまい、けいれん、嘔吐、頭痛など様々な弊害が起きてしまいます。

 

今まで述べたように 水分+塩分+休憩 をしっかりとる事で熱中症も防げますので怖がらず正しい知識で運動を楽しみましょう!

 

 

 

リラックスボクシングジム

足立区西新井1‐38‐16加瀬ビル4階

03‐6807‐1257

平日14時~23時 月水金のみ10時~12時

土 13~20時

日 10~17時

祝 13~17時

定休日 木曜

 

無料体験・予約方法

 

当ジムのホームページより24時間予約受付フォームがございますので、ご利用ください。

質問や要望がある際はお電話またはお問合せフォームよりご質問下さい。

皆様に会える日を楽しみにしています。