BLOGブログ
BLOG

足立区のRELAXボクシングジムが睡眠の大切さについてお話します!

2018/04/22
ジムの雰囲気

足立区のRELAXボクシングジムが睡眠の大切さについてお話します!

 

皆さん、睡眠は十分に確保できていますか?

 

人は眠っている時に成長ホルモンが活発に分泌されます。成長ホルモンとは骨の形成や筋肉の強化にとても重要なもので、一般的に言われている寝る子は育つという言葉はこの事からからきています。

年齢と共に分泌量は減っていきますが「0」ではないのでもちろん大人になってからもこのホルモンが重要になっていきます。

しかし、睡眠の重要性は分かっていても、仕事などで就寝時間や食事時間がバラバラになり、規則正しい生活ができないのが現状だと思います。

逆にしっかり睡眠時間がとれている場合でも眠りの質が悪ければ成長ホルモンの分泌量も悪くなるので

「質のいい睡眠」をとる事が重要です。

 

【睡眠】

レム睡眠・・・脳は起きていて体が眠っている睡眠

 

ノンレム睡眠・・・脳も体も眠っている睡眠

 

この2種類の睡眠を繰り返し人は眠りについています。

レム睡眠の時にはスポーツなどの体で覚える事を記憶し、ノンレム睡眠の時には言語で覚えた知識などを記憶すると言われています。また、睡眠不足の状態が続くと次のような症状が出てきます。

 

・意識がはっきりしない為、普段ぶつけないところにぶつかる(ドアや机のカド、人などに)

 

・思考の切り替えをしたり、複数の事柄を同時に処理したりする前頭葉の機能が低下する(部屋が散らかるなど)

・忘れっぽくなる(単純な物忘れとは違い、脳が目を覚ましている状態になろうとして興奮状態になり注意力も低下し、情報がうまく整理ができず、行動する直前まで何をしようとしていたのか思い出せなくなるということが起こる)

 

などがあります。

 

【質の良い睡眠】

質の良い睡眠とは眠りの最初に訪れる約90分のノンレム睡眠をしっかりとれているかということです。

この時間中に70~80%の成長ホルモンが分泌される為、たとえ短い睡眠でも最初の90分間の質を上げるのが重要です。ここで深い眠りにつけない人は睡眠の質が悪いと言ってもいいでしょう。

原因としてはよくやってしまいがちな就寝直前のスマートフォンの操作や寝酒などがあります。

スマートフォンから発せられるブルーライトは睡眠を促すホルモン「メラトニン」の分泌を抑制してしまい

お酒は利尿作用がある為、寝ている途中で起きてしまい、なかなか深い眠りにつけません。

これらの事はほんの一例ではありますが日々の生活で少し気をつけて頂ければ睡眠不足改善できるでしょう。

 

 

当ジムの事例を挙げさせてもらうと、ほとんどの会員さんは寝つきが良くなったと言います。

その要因として考えられるのは仕事の疲れとは違い、運動をすることで健康的に体を疲れさせ気分的にもスッキリするので自然と深い眠りにつけるのだと思います。

 

睡眠がうまく取れない方、ぜひ当ジムで体を動かし健康的に疲れて質の良い睡眠をとりましょう!

 

 

リラックスボクシングジム

足立区西新井1‐38‐16加瀬ビル4階

03‐6807‐1257

平日14時~23時 月水金のみ10時~12時

土日祝 13時~17時

定休日 木曜